2004年10月16日  天気 曇り 時々 晴

コックリ湖に向かう道から カエデの紅葉が見事です 黄色の葉がきれいです

           今日は秘湖 コックリ湖の紅葉を見に行きました。コックリ湖は雷電山の
          中腹にある湖で、樹齢300年以上の原生林に抱かれた静かな湖で訪れる
          人もほとんどいなくて、北海道最後の秘湖です。登山口からは1時間半位
          かかりますが、紅葉のきれいな緩やかな登りが続く歩きやすいコースです。

美しい渓流が流れます 秘湖コックリ湖の紅葉 湖畔はナナカマドが赤く色づく

          登山道の周りの木々はきれいに色づいてちょうど見頃を迎えました。紅葉も
         ここまで降りてきましたね。紅葉前線も標高500mを切ると真っ赤なウラジロ
         ナナカマドも姿を消し、カエデや白樺、ナラやカシの黄色の紅葉が主役になります
         でもコックリ湖の湖畔には真っ赤なナナカマドが湖に写り込み、とてもきれいでした

真っ赤なナナカマドの紅葉 ひっそりとした静寂の湖 雷電山をバックに

          今週末もアンビシャスは大盛況で16人でツアーに出かけました。今日は風が
         強く湖畔は寒かったです。初めは曇っていましたが、しばらくすると日が射して
         紅葉の赤が一変しました。寒いので湖を1週すると、真っ赤なナナカマドが湖に
         多い被せるように真っ赤な葉を落としていて、きれいでした。ニセコの紅葉も
         少しづつ終わりを告げて、来週がラストになります。さあ雪の便りも聞こえそうです