2004年7月15日  天気 晴 後 曇り

神仙沼にトキソウが咲きました 湿原にチセヌプリ モウセンゴケの小さな花

        今日は朝から素晴らしい天気になりました。羊蹄山もアンビシャスの窓から
       きれいに見えます。今日のツアーは神仙沼から長沼を通り、ビーナスの丘に
       出てシャクナゲ岳を目指すツアーです。まず初めに神仙沼に行きました。
       湿原の中には小さな妖精のようなトキソウの花やモウセンゴケが咲き始めました    

静かな長沼とチセヌプリ ゴゼンタチバナがきれいです シャクナゲ岳山頂にて

         神仙沼を後にして15分で長沼に着きました。人もいなくて静かな沼に鳥の声が
        響きます。ここからビーナスの丘まで30分の登りです。滑る足元に気を配りながら
        登ります。ビーナスの丘からシャクナゲ岳がきれいに見えています。だんだん曇って
        きたので心配しながら進み、山頂の岩場に着いた時は景色が良かったですが、

シャクナゲ岳は霧の中でした エゾカンゾウが咲いています 長沼の奥は緑の湿原

        徐々に曇ってきてガスの中に入ってしまいました。でも山頂から神仙沼が遠くに
       見えてうれしかったです。シャクナゲ沼にはエゾカンゾウやヒオウギアヤメが咲いて
       いました。まだ蕾がある頃が花はきれいですね。霧の中でもエゾカンゾウの黄色は
       鮮やかできれいに映えますね。帰りに長沼の奥でのんびりしました。鳥の声が山に
       響きます。本当にニセコの山は静かでゆっくりできて自然に癒せれますね