2004年6月3日  天気 快晴

エゾイチゲがきれいです シラネアオイの群落 愛らしい ヒメイチゲ

           今日は朝から雲ひとつない素晴らしい快晴の1日になりました。新見林道も
          ようやく開通したので白樺山に登りました。ニセコの山の夏のシーズン到来で
        
  わくわくしながら登りました。雪解けも進みコースにはほとんど雪も消えて、
          ダケカンバの新緑がきれいです。ちょうど芽吹きして間もない淡い緑です。

白樺山頂の岩場にて 白樺山 923m 日本海が真っ青です

           雪解けの下から次々と花が咲いてきます。ミヤマエンレイソウ、エゾイチゲ
          コミヤマカタバミ、小さな花がいっぱい咲いています。大好きなヒメイチゲも
          見つけて大喜びです。山頂に続く稜線は快適そのもので涼しくて最高です。
          尾根から岩場のお花畑の手前までは続くシラネアオイの花は感動ものです。

コミヤマカタバミの花 ツバメオモトも咲き始めました 岩場にはミヤマアズマギク

          シラネアオイはまだツボミの方が多くて、これから来週末のかけて楽しめます
         昨日の伊達紋別岳では満開でしたが、今日は咲き初めなので小さくてきれいです
         岩場のお花畑にはミヤマアズマギクやハクサンチドリがいっぱいつぼみを付けて
         みんなが来るのを待っています。これから7月にかけて白樺山を初めニセコの
         山は花で埋め尽くされます。さあ偽湖の最高のシーズンが訪れました。

  
          今日の神仙沼に続く