2004年4月10日  天気 快晴

羊蹄山に登りました 洞爺湖がすごくきれいです 急な斜面を登ります

     今日は羊蹄山大滑降です。この週末を狙い金曜日の日にアンビシャスの先鋭メンバーが
    7人集まりました。みんな仕事の関係でアタックできる日は、土曜日の1日だけでしたが天気に
    恵まれました。真狩登山口から登り始めて2時間で五合目まで登りましたが、ここからが斜面も
    きつくなり大変です。7合目の手前から40度近い斜面を滑落を恐れながら登るので疲れました。

9合目付近の大斜面 念願の羊蹄山山頂 ばんざーい! 羊蹄山の大噴火口

       7合目からは恐れていた風が強くなり、体が振られて足が前に進まなくなります。40度の
      斜面が山頂まで2時間以上も延々続くので大変です。10歩歩いては何度の息を整えながら
      登るそんな繰り返しでようやく9合目まで登りました。ここからは雪も風で硬くしまり、つぼ足で
      山頂まで登りました。羊蹄山には冬に5回登りました今日は1番大変でした。山頂が見えた
      時は涙が出そうなくらいうれしかったです。みんなそろって無事に登れて良かったです。

ニセコ連峰がきれいです 羊蹄山大斜面大滑降 真狩温泉から見た羊蹄山

     山頂はすごい強風で立つこともままならない位で、小さな氷の塊が降って来ます。でも眼下に
    見える洞爺湖や周りの山がきれいで、そして羊蹄山の大噴火口が真っ白で神々しく輝いています
    風に飛ばされそうになりながらスキーを履いて避難小屋の前の大斜面を滑り降りました。ここから
    40度の大斜面を5合目まで滑り降りますが、風で雪はバリバリに凍りつき、まるで冷凍庫に張り
    付いた霜のようでした。安全を最優先させて、滑落を恐れて横滑りでしばらく降りてから滑りました
    つらいアタックでしたが、真狩温泉の露天風呂から夕映えの羊蹄山を見ながら感無量に浸りました