2008年7月14日  天気  晴れ 後 曇り

 神仙沼の高層湿原 タチギボウシが 咲き始めました トキソウが 輝いています

        今日は朝から雨の予報でしたが、幸いなことに朝の間は晴れて、羊蹄山もきれいに見えました。
       午前中なら、何とか歩けそうなので、神仙沼に向かいました。神仙沼には、トキソウの花が今
       見頃を迎ていて、とてもきれいです。1cmくらいのランの花ですが、鴇色のピンクの花が
       とてもきれいです。小さな花ですが、一つ見つけると次々に見え出して、大群落に見えてきます。    

小さなモウセンゴケの花 水鏡の神仙沼 エゾノマツムシソウ

         今日は曇りながらも風がないので、神仙沼は見事な水鏡できれいでした。静かにしていると
        遠くでさえずるアオジの鳥の声がきれいに響きます。晴れて日よりも曇りに日の方が
        鳥は多く鳴きます。湿原の至る所に、5mmくらいの小さな白い花を見ることができます
        この花は実は、食虫植物のモウセンゴケの花です。良く見ると、とてもきれいな花です。  

ナデシコが 咲いています 弁慶岬に行きました エゾスカシユリがきれいです

         神仙沼から戻ると、弱い雨が降り出したので、山から降りて日本海食堂に向かいました。
        いつ行ってもここの海に幸は絶品ですね。名物のウニ丼も8月いっぱいまで食べることがで
        できます。お昼からは弁慶岬に行きました。あまり有名でない岬ですが、海の色と花がとても
        多く咲く岬です。いつ行っても花があるのできれいです。途中にはナデシコの花が満開でした。