2008年6月30日  天気  晴れ 時々 曇り

 樽前山に行きました 気分は3000mです イソツツジが 輝いています

       今日はお見送りツアーで、支笏湖の樽前山に行きました。昨日までの快晴もどこへやら今日は
      朝から雲っていたので、少し心配でしたが、花がたくさん咲いているので、何とかなるかと出かけました
      美笛峠を越えると支笏湖は晴れていて、みんなで万歳です。歩き始めると、どんどん行く先は晴れて
      行きます。やはり今回もみんな晴れ女、晴れ男ですね。今日も青空の下、気持ちよく歩けました。    

どこまでも続く 花の絨毯 樽前山の溶岩ドーム タルマエソウも満開です

       イソツツジは登山口から山頂まで、3時間切れることなく咲いています。これだけ同じ花が続く
      お花畑は他の山にはないでしょう。この山で有名なイワブクロ(タルマエソウ)も満開になりました。
      尾根道に出る頃から、花も密度が濃くなり、周りすべてが花で覆い尽くされます。花酔いしながら
      歩きます。尾根に出ると景色も一変します。ここから西山の山頂を目指して歩きます。  

可愛い イワヒゲの花 気分は最高でーす! 北海道らしい広大な山です

        樽前山の溶岩ドームを左に見ながら歩きます。ここからしばらく道も平らになり、花の散歩道です。
       正面に見える西山山頂が青空にきれいで、私たちを手招きをして迎えてくれます。最後の20分の
       緩やかな登りを歩くと、樽前山西山山頂に着きました。ここから見る景色は絶景です。あまりにも
       景色が大きすぎて漠然としています。小さな事でこだわっている日常のいろんな事を忘れさせて
       くれますね。花と絶景を存分に楽しめました。さあ明日から7月です。ニセコの夏は最高の季節です