2006年6月4日  天気 晴 後 曇り

湯本温泉の上は雪の山 雪の上を歩いて 神仙沼に行きました

          今日のツアーは雪がまだ多く残るニセコの山に行きました。パノラマラインも
         1日に開通しました。湯本温泉から上はまだ雪が多く残り神仙沼のまわりも
         まだ1mくらい残っています。それでもここまで解け始めると早く、今月半ばには
         たくさんの花が咲き始めるでしょう。山の春ももうそこまで来ています。

湿原はようやく雪解けに 神仙沼の上で エゾイチゲが咲き始めました

         神仙沼は湿原の雪も半分以上解けていて、木道もだいたい見えています。
        神仙沼は氷に覆われて、新緑の緑と白い雪がとてもまぶしいくらいです。
        それでも解けた後から、ショウジョウバカマやチングルマの芽が出ていました
        今月半ばには花も咲き始まるでしょう。日に日に春は やってきています。 

幻のワタスゲの花 湿原いっぱいに咲いています 鏡沼に写るアンヌプリ

          今日のメインは鏡沼に咲く幻のワタスゲの花を見ることです。登山口に
         着くと唖然とするくらい雪が多く残り、途中の川も増水して渡れないので
         上からまわることにしました。苦労して鏡沼に着くと、黄色いワタスゲの
         花がいっぱい咲いていて、涙が出るくらい嬉しかったです。この花が
         満開になってきれいに見られるのは1年で3日くらいしかないからです。