2005年6月24日  天気 晴

目国内岳に登りました オオバキスミレ 群落で咲いています

        今日は朝早くは曇っていましたが、その後、素晴らしい天気になりました。今日は
       ニセコ連峰で1番きれいな山の目国内岳に登りました。新見峠から歩き出して40分で
       前目国内岳に登りました。ここから見る目国内岳は本当に美しく見えます。

シラネアオイがいっぱいです 目国内岳の雪渓 まだスキーができます

        ここから尾根道は本当に景色が良くて最高です。道の両側には、シラネアオイが
       いっぱい咲いています。オオバキスミレが群落で、咲いていて最高です。振り返ると
       ニセコ連峰や羊蹄山が一直線に並んで見えます。山頂の下には大きな雪渓が残り  

目国内岳山頂 1220m ニセコ連峰と羊蹄山 遥かなるあこがれの山 雷電山

        まだスキーができそうです。山頂の岩場の岩陰にはイワウメが咲いています。
       山頂は、雪がたくさん残る雷電山から渡る冷たい風が吹いていて、じっとしていると
       寒くなりました。ここから雷電側に30分くらい降りると目国内パンケ湿原に着きます

         
次は幻の湿原に向かいます 続く