2003年10月17日  天気 晴れ 時々 曇り

樽前山に登りました ナナカマドの紅葉がきれいです 支笏湖を見下ろす紅葉

           今日は樽前山とオコタンペ湖の紅葉を見るために支笏湖にツアーに出かけました
          樽前山7合目ヒュッテから風不死岳の登山口を出発するとすぐにナナカマドの紅葉の
          きれいな所に出ます。樽前山と違い風不死岳は登る人も少なく静かで素敵な紅葉の
          散歩道です。信じられないくらい、真っ赤に色づく1面の紅葉の真っ只中を歩きます。

紅葉は今がピークです まるでアルプスのような景色 真っ赤なナナカマド紅葉

            支笏湖に広がる樽前山の裾野は赤いナナカマドで埋め尽くされていて、その先に
           広がる支笏湖の紺碧の青が印象的です。広大な樽前山の裾野にはススキが1面に
           風に揺れて幻想的な風景です。30分くらい進んだ所から登山口は緩やかな登りに
           なります。登るにつれて、眼下に色づく紅葉の絨毯と支笏湖の湖面は広がりを見せ
           何度も振り返りながら山頂に向かいます。稜線に出るとアルプスを思わせる風景です

樽前山山頂と溶岩ドーム 眼下に広がる紅葉の絨毯 オコタンペ湖の紅葉

             今日は以外にも山頂付近は風がまったく無くて、前回と違いのんびりと景色も
           楽しめました。山頂に上がると太平洋が1望で来て苫小牧から恵庭市に広がる
           広大な樹海は北海道の雄大さを思い知らせれます。裾野は何キロにも続く赤い
           ナナカマドのラインが広がります。ここの紅葉もニセコと同じく写真では表せない
           広大なスケールを持つ紅葉です。オコタンペ湖の紅葉は少し盛りを過ぎました。