2003年9月22日  天気 晴れ 時々 曇り

余市岳に登りました 紅葉の向こうに余市岳 青空にナナカマドの赤

           今日は余市岳に登りに行きました。紅葉前線は羊蹄山の山頂から下り
          今は1600m付近までピークが降りていますので、札幌圏最高峰であり
          1488mの余市岳に登りました。山頂付近は今がピークを向かえて、
          思った以上に紅葉もきれいで、感動しました。本当に登って良かったです。

飛行場と呼ばれている台地 山頂は真っ赤なじゅうたんです ハイマツとナナカマド

           登山口はキロロスキー場から林道を車で15分位上がった場所にあり
          山頂まで2時間半の行程です。登り始めはきれいな沢の横を歩きます。
          展望台と呼ばれる分岐を出た所から一気に山頂の急な坂を登りますが
          周りの紅葉がきれいで、登山意欲をかき立てられます。でも急に周りが
          真っ暗になりガスがかかったと思うと、パラパラとあられが降りました。

お花畑は一面のチングルマの穂 遠くに羊蹄山が見えました 余市岳山頂 1488m

          山頂は風が冷たく風を避けてお花畑に下がりご飯を食べるとガスも晴れて
         青空が広がりました。山頂に向かうと紅葉の真っ赤な絨毯にびっくりしました。
         昔山火事にあり燃えたハイマツの白い幹とナナカマドの赤のコントラストが
         異様にきれいでした。山頂からは余市沖から小樽、石狩湾、雄冬岬まで広がる
         日本海がきれいで、羊蹄山、太平洋、奥深い札幌山系の山々と360度の
         大パノラマを堪能できました。この山の紅葉は10月初旬までが見頃です。
         その後、9月下旬から10月中旬までニセコの山が紅葉のピークを向かえます