2010年4月8日  天気  晴れ 後 高曇り

 積丹半島と日本海 滅多に登れない 前雷電山頂 足下に広がる 秘湖コックリ湖

 今日は昨日に続いて雷電山に登りました。昨日のコースはコックリ湖の林道を歩き、南尾根を登りましたが
今日のコースは岩内町の奥にある鳴神の滝の先から、北尾根を登り、雷電山の山頂に向かうコースです。
2日続けてのニューコースなので、期待と不安が交差します。でも今日は風がなくて、高曇りながら快晴なので
山頂まで登ることができました。鳴神に滝の林道はこの時期には除雪が入っていて、登山口まで行けます。

広大な雷電山に登ります 雷電山山頂 1121m 997mの山頂と日本海

  林道から雪の斜面に上り、林の中を登って行きます。500m位までは、林も混みあっていますが
500mを過ぎると、いつものニセコのダケカンバの林の中を登るので明るい林に気分も乗っていきます
真っ直ぐに上がるコースなので、ぐんぐんと高度を稼げます。それでも急な登りは少ないので、岩内岳に
比べると登り易いコースです。997mの山頂の手前から雪が硬く凍っていてかなり苦労しました。     

雷電山頂から 前雷電山へ 日本海と積丹半島をバックに 日本海を見ながら滑ります

  997mを過ぎて一度下がりますが、ここから前目国内岳へは、想像絶する景色が広がります
緩やかな斜面を30分以上歩きますが、広大な真っ白な台地が続きます。これだけ大きな山は
他の山にはない景色です。山頂から見るニセコ連峰と羊蹄山、そして青い日本海と宙に浮かぶ
積丹半島の景色は最高でした。下りも登り返しが無くて、日本海を見ながらスイスイと滑れます。
ゴールデンウィークには登りはじめの斜面に雪が残っているかわかりませんが、雷電山の北尾根は
南尾根に負けないくらい素晴らしいコースでした。まだまだニセコには素晴らしいコースがありますね

ゴールデンウィーのカタクリの大群落は、こちらのページをご覧ください
 上のフレームに、リンクボタンが現れます。


今日のツアーは、ウェブアルバムで ご覧頂けます こちらを クリックしてね
たくさんの花の写真がアップされています